美白化粧品の化粧水の使い方は?

化粧水はコットン使いがオススメ!

落とすケアが終わったら、次は化粧水を使います。化粧水はお肌に必要不可欠な水分を与える行程であり、また美白に有効な成分もしっかり届けるための行程でもあります。ここは特に大切にしたいですね。

 

化粧水を塗布するのはコットン

美白化粧品によって、中には手の平で馴染ませるという説明があるものもあります。そういった説明があるものの場合は、その通りに使用すると良いでしょう。ですが、基本的には化粧水は、コットンを使った方がしっかり浸透すると言われています。手の平で広げると、その大半が手の方に入ってしまい、肝心の顔にはなかなか、化粧水を届けられなくなるのです。

 

コットンにたっぷりの化粧水を含ませ、まず最初に優しく顔全体を拭き取ると、古い角質が取れます。その後、裏返したコットンで優しくパッティングしていくと、お肌の内側までしっかり潤いが浸透するというわけです。

コットン選びも大事!

美白化粧品に使用するコットンは、選び方も大切です。例えばコットンは糊で貼り合わせられていますが、この糊が刺激になる場合もあります。せっかく低刺激でお肌に優しい美白化粧品を選んでも、コットンがダメなら意味がありません。できるだけ糊を使っていなかったり、お肌への優しさに配慮したものを選びましょう。

 

また、すぐに毛羽立ってしまうものも、お肌に刺激を与えてしまうので注意が必要です。使い捨てだからと安価なものを選んでしまいがちなコットンですが、これらのお肌への影響を考えて、少しだけリッチなものを選んでみてください。

化粧水使いの裏ワザ

化粧水を使ったお肌のケアは、美白有効成分を浸透させるというだけではなく、潤いを補給するという意味でも重要です。潤いに満ちた健やかなお肌ほど、美白の効果も得られやすくなります。そこで、化粧水を使用する際には、コットンでパッティングをするだけでなく、大判のコットンを用いてマスクをしてみても良いでしょう。週末だけのスペシャルケアとして取り入れても良い方法ですね。

 

こうして5分ほど顔の表面に、コットンたっぷりの美白化粧水を乗せておくと、お肌の奥深くまで成分が浸透します。仕上がりのお肌はしっとりモチモチで、1トーン明るくなるのも実感できるでしょう。

 

また、冷やした化粧水を用いるのも1つの裏ワザです。冷蔵庫で化粧水を冷やしておくと、冷たい化粧水が毛穴をきゅっと引き締めてくれるので、よりお肌の透明感がアップしますよ!

page top