混合肌の美白化粧品選びはどこに気をつけたらいいの?

混合肌の美白化粧品選びのポイント

頬や口周りは乾燥しやすい状態なのに、Tゾーンと言われる鼻やおでこの辺りはどうしても油分が多くなってテカってしまう混合肌。スキンケアが難しいお肌でもありますよね。そんな混合肌は、美白化粧品選びも、どちらの肌状態に合わせるべきか悩んでしまうものです。

 

基本的には潤い重視で!

混合肌の場合、乾燥している部分には保湿力の高い美白化粧品を使用したいですよね。ですが油分の多いTゾーンなどに関しては、逆にさっぱりしたタイプを使用したいと感じてしまうでしょう。そうは言っても、部分ごとに違うメーカーの美白化粧品を使用するのは面倒でもありますし、成分同士の相性なども気になるところです。

 

そこで、まずはとりあえず「保湿力重視」で美白化粧品お試しを利用し、顔全体に利用してみましょう。厄介な混合肌ですが、その元凶を辿ると、実はお肌の内側の乾燥が関係していることが多いのです。そのため、この乾燥状態をしっかり改善できる美白化粧品を使用していくことで、顔全体のお肌の水分・油分のバランスが整ってくる可能性があります。

スポットケアを試して!

混合肌の場合は、顔の部位によって肌悩みの現れ方も違ってきます。Tゾーンにはニキビなどが発生しやすかったり、酸化した皮脂が原因の色素沈着などが起こりやすいですね。また乾燥している部分は広範囲のくすみが発生しやすい部分です。

 

つまり、このような肌状態の方はスポット的に合ったケアをしていくことが重要であると言えます。例えばTゾーンの色素沈着には点のケア、頬などのくすみには面のケアを重点的に行っていくという方法ですね。点と面のダブルのケアに着目したラグジュアリーホワイトなら、そんな混合肌ならではの悩みにも応えてくれるでしょう。

使用量の加減も重要!

混合肌の場合には、美白化粧品選びも大切ではありますが、これを最大限に活かすための使用方法を実践していくことも忘れてはなりません。使用方法のコツは、使用量を部位によって加減していくことです。例えば頬など乾燥しやすい部分は、化粧水をたっぷりとコットンで補給し、さらに手の平でパシャパシャと重ねづけします。美容液、クリームなど油分を含むアイテムも多めに使うと良いですね。

 

その逆で、Tゾーンは油分を含むアイテムは少なめに使用していきます。一切使用しないというのは、逆に脂性肌を悪化させる可能性もあるのでNGです。ベタベタしない程度に使用して、お肌の水分と油分のバランスを整えてあげましょう。

 

アイテム選びに慎重になり、尚且つ、こうした使い方に気を付けていくことで、扱いにくい混合肌でも美白効果を実感しやすくなるでしょう。

page top